インフルエンザ

例年、冬に流行が起こる『インフルエンザ』。 インフルエンザワクチンの接種は予防法の一つですが、最近その効果について新たなことがわかってきました。




■インフルエンザ

高熱や全身の筋肉痛などが現れ、命に関わる危険性もある

インフルエンザは、「インフルエンザウィルス」に感染することで起こる病気で、冬に流行期を迎えます。 多くの場合、12月頃に流行が始まり、翌年の1〜3月頃に最も流行します。年間の発症者数は、その年の流行がどの程度かによって 異なりますが、例年、数百万〜1000万人以上です。インフルエンザは風邪と混同されることがよくありますが、 異なる病気です。インフルエンザはインフルエンザウィルスの感染で起こりますが、風邪は「アデノウィルス」「ライノウィルス」 「コロナウィルス」などのウィルスや、細菌の感染が原因となります。症状にも次のような違いがあります。

▼インフルエンザの主な症状
「38℃以上の高熱」や「関節痛、筋肉痛、倦怠感、頭痛」などの全身症状が現れます。

▼風邪の主な症状
「微熱」か「38℃前後の中等度の発熱」があり、「のどの痛み、鼻汁、咳」などが現れます。 一般に、風邪は軽症のことが多いのですが、インフルエンザは重症化して命に関わることがあります。 特に高齢者は肺炎を併発して重症化しやすく、予防が大切です。


●インフルエンザに感染したら

タミフルやリレンザなどの薬を用いて治療する

インフルエンザの治療は、「抗インフルエンザ薬」が中心になります。インフルエンザが疑われる場合には、 診察に加えて「迅速診断検査キット」による検査を行い、短時間で診断をつけます。 インフルエンザと診断された場合には、抗インフルエンザ薬を使用します。できるだけ、発熱後48時間以内に治療を開始しましょう。 抗インフルエンザ薬には、内服薬の「オセルタミビル(タミフル)」、吸入薬の「ザナミビル(リレンザ)」 「ラニナミビル(イナビル)」、点滴静注射の「ベラミビル(ラビアクタ)」の4種類があります。

感染症の拡大を防ぐために、安静にすることも大切です。また、咳やくしゃみによる飛沫が感染の原因になるので、 「咳エチケット」は感染が広がるのに役立ちます。症状の改善後もしばらくは注意が必要です。