プラセンタ

プラセンタ』には、 「弱った肝臓を丈夫にする、自律神経の働きを整える、疲労回復、便秘や冷え性を解消する、肌荒れを防ぐ」 などの効用があるといわれています。その他にも股関節痛・腰痛・膝痛・リウマチなどの関節痛から、 更年期障害・C型肝炎・耳鳴り・難聴・鬱病・アトピー性皮膚炎まで、 プラセンタは、現代医学が手こずる難治の病気に対して、驚くような効果を発揮することが多いといわれています。 プラセンタ療法の歴史は古く、クレオパトラやマリー・アントワネットなどが美容や健康、 アンチエイジングのために使っていたといわれています。
(*本文は下の方にあります)


プラセンタ

■「プラセンタ」とは?

胎児の発育のためには必要不可欠な組織

プラセンタ(胎盤) 『プラセンタ(Placenta)』は英語で「胎盤」を意味します。
プラセンタ(胎盤)は、胎児の発育のためには必要不可欠な組織で、 胎児への栄養補給のために各種栄養素がこの組織に集積し、 多数の生理活性物質が産生され貯えられていることが知られています。

私たち哺乳動物はその誕生に当たり、母胎と胎児の仲立ちをするプラセンタ(胎盤)のおかげで、 母胎から十分な酸素と栄養を受けて健やかに発育することができるのです。 プラセンタ(胎盤)と胎児はへその緒(臍帯)でつながっていて、へその緒は弾力性及び伸展性にすぐれ、 その中に血管が走っています。プラセンタ(胎盤)の形成は受精後約5週目からはじまり、13週頃になって完成します。 プラセンタ(胎盤)は、母親のお腹の中で、わずか10ケ月の間に1個の受精卵を一人の人間にまで育て上げる 驚異的な働きを持った組織です。

●歴史に見るプラセンタ

プラセンタは、紀元前から世界で用いられてきた長い歴史があり、 西洋では、古代ギリシャの”医聖”ヒポクラテスが利用していたと言われています。 中国では、秦の始皇帝が不老不死を願い用いられたと伝えられており、 現在でも家畜の胎盤を薬として保存している地域があります。 エジプト女王クレオパトラや、フランスの王妃マリー・アントワネットは、いつまでも若々しくを願い プラセンタを利用していたそうです。 日本では 古くから、赤ちゃんが生まれるとへその緒や乾燥させた胎盤を大切に保管していたました。 これは子供が病気をした時の命を守る薬として使われていたためですが、 現代では様々な薬が開発され、この習慣だけが残っています。

■プラセンタ(胎盤)の役割

まず、卵子と精子が出会って生じた受精卵が、子宮内壁に着床することに端を発します。 着床した受精卵の表面からは、絨毛が無数に出て、やがて着床面の絨毛だけが成長し(他の絨毛は退化)、 母体の子宮内壁と結合して平たいホットケーキ状(円盤状)の臓器がつくられます。 これが「胎盤(プラセンタ)」です。 胎盤は、胎児と母体とをむすびつけるとともに、両者を隔てる役割を果たします。 母体から胎児への栄養や酸素などは、母体の血液から胎盤を通って、胎児の血液に入り、 逆に胎児の老廃物は、胎盤を通って母体の血液中に捨てられます。 この際、両者の血液が交じり合うことはありません。胎児側の血液は、絨毛内の胎児血管を循環し、 母体の血液は絨毛間腔を満たすのみです。 母体と胎児の血液型が異なっても、拒絶反応を起こさずにすむのはこのためです。 また、胎盤は、母体側に異常が起きた時には、胎児を保護する障壁の役目を果たします。

受精卵の大きさは、はじめは直径0.1ほどですが、約280日後の出産時には、 重さ3〜4kg、体長およそ40cmの胎児にまで成長します。 その間、胎盤も、胎児の成長を助けながら拡大し、出産時には直径約15〜20cm、厚さ約1.5〜3cm、重さ約500gになります。 このように出産までの10カ月に満たない短期間に、胎児は急速に発育するのですが、 そのために重要な働きをするのがとりもなおさず、この「胎盤(プラセンタ)」というわけです。 私たち哺乳類は文字通り、胎盤のおかげで、この世に元気に生まれ出ることができるのです。 そして、胎盤は出産によって、その役割を終了すると、後産として体外に排出されることになります。


■その他

プラセンタに関する研究は数多いのですが、いまだ解明されていないことも多くあります。 たとえば人間以外の動物では肉食動物ばかりでなく草食動物までもが、出産直後の自分の胎盤を食べてしまいます。 これは、一説には出産のにおいを消し、外敵から身を守るためといわれているのですが、より有力な説として、 栄養豊富な胎盤を食べることによって、産後の体力回復に役立てるためとの説があります。 胎盤には母乳の分泌を促進する作用もあり、子供を育てるためにも有用です。 動物の生きる知恵のなせるわざともいえますが詳細は解っていません。 プラセンタは、現代科学をもってしても未だ未知なる部分の多い、偉大でかつ神秘性を秘めた組織なのです。


■ラセンタ関連関連項目

更年期障害に
更年期障害の治療はホルモン補充療法が主流ですが、最近、体に優しい「プラセンタ療法」が注目されています。 プラセンタはホルモンの分泌や自律神経の乱れを正す妙薬で、更年期障害がらくらく軽快するといわれており、 プラセンタ療法で、ほてりやイライラが消えたばかりか、月経が再開されたという例もあります。

膝痛・関節痛対策に
現代医学をもってしてもなかなか改善しない、つらい膝の痛みや不快症状の改善に極めてよく効くとして、 今、臨床医の間で大きな注目を集めているのが、「プラセンタ療法」です。 プラセンタを用いた治療では、「膝の痛みが取れた」「歩けるようになった」「正座ができた」 「階段の上り下りも平気になった」という患者さんが続出しています。 膝痛には、変形膝関節症のほか、関節リウマチや半月版損傷、靭帯損傷など、 さまざまな原因がありますが、そのいずれにも、プラセンタは大きな改善効果を発揮しています。 プラセンタには、細胞を活性化し傷んだ組織を修復する作用や血行を促進する作用、 炎症を抑える作用などがあり、それらが複合的に働いて、磨り減った膝の関節軟骨が修復されると同時に、 痛みや腫れが引いて、つらい膝痛を改善します。

変形股関節症に
股関節痛が和らいで手術を回避でき、杖が不要になる人も多い「プラセンタ療法」が話題になっています。

脊柱管狭窄症に
血流促進と神経修復のW効果で脊柱管狭窄症に伴う間欠性跛行が回復する「プラセンタ療法」が話題になっています。