くも膜下出血

くも膜下出血は、発症する前にサインが現れることがあります。サインに早く気付いて、危険な病気の発症を防ぎましょう。


■発症すると約3割の人が命を落としてしまう

くも膜下出血は、脳の表面を覆う軟膜とくも膜の間にあるくも膜腔という隙間に出血が起こる病気です。 発症すると、突然頭を強く殴られたような、激しい頭痛に襲われます。 発症した人の約3割が命を落とし、約4割が要介護状態になると報告されています。 命に関わるだけでなく、一命を取り留めても介護が必要になる可能性の高い病気です。 くも膜下出血の原因


■原因は脳の血管にできた瘤

くも膜下出血の原因として最も多いのが、脳の血管の一部が瘤状に膨らむ脳動脈瘤です。 破裂しないでとどまっている状態を未破裂脳動脈瘤といい、脳ドックなどを受けて発見されるケースが増えています。 未破裂脳動脈瘤の多くは、脳の太い血管が枝分かれする部分にできます。瘤の壁は薄く、血液の流れに耐えられなくなると、破裂します。 すると、くも膜下腔に出血が広がります。これがくも膜下出血です。 未破裂脳動脈瘤は、状態によって破裂するする危険性が異なります。 日本脳神経外科学会の研究では、瘤が大きいほど破裂しやすいことがわかっています。 直径3~4mmの小さな脳動脈瘤が破裂する危険度を1とすると、7~9mmは約3.4倍、10~24mmは約9倍、25mm以上では約76倍も危険度が高くなります。 そのほか、瘤の形がいびつなもの、瘤のサイズが大きく根元が狭いものも破裂しやすいことがわかっています。 くも膜下出血の原因


■目に現れる未破裂脳動脈瘤のサイン

未破裂脳動脈瘤があることによって症状が現れ、自分で気付ける場合があります。 内頚動脈と後交通動脈の分岐部は、脳動脈瘤のできやすい場所です(図参照)。 この近くには、眼球を動かす動眼神経が通っているため、未破裂脳動脈瘤にって圧迫されると、物が二重に見える、瞼が下がる、瞳孔が開く などの症状が現れることがあります。症状は、くも膜下出血を発症する数か月前から数日前に現れます。 症状に気付いたらすぐに医療機関を受診しましょう。未破裂脳動脈瘤の有無は、MRA検査(写真参照)で確認します。 くも膜下出血の原因 くも膜下出血の原因


■未破裂脳動脈瘤を治療してくも膜下出血を防ぐ

前述の症状が未破裂脳動脈瘤によって起こっている場合は、くも膜下出血の発症を防ぐために、未破裂脳動脈瘤の破裂を抑える治療が勧められます。 症状がない場合でも、脳動脈瘤の大きさが5~7mm以上あれば、治療が検討されます。 それよりも小さくても、瘤の形がいびつだったり、瘤のサイズが大きく根元が狭い場合、破裂しやすい場所にある場合も治療が検討されます。 主な治療法には、クリッピング術とコイル塞栓術があります。 クリッピング術は、開頭して脳動脈瘤の根元をクリップで挟み、脳動脈瘤への血液を遮断して破裂を防ぎます。 クリップはそのまま永久に脳内に残りますが、運動などによって外れる心配はありません。 コイル塞栓術は、血管にカテーテルを通し、脳動脈瘤に金属製のコイルを詰めて破裂を抑える治療法です。 最近は、入り口が広い脳動脈瘤に対しては、コイル塞栓術を行った後に、瘤の根元にステント(金属でできた網目状の筒)を留置して、 コイルが外れるのを防ぐ治療も行われています。 くも膜下出血の原因