骨密度を上げる食品

骨密度を上げる食品をご紹介します。


■骨密度を上げる食品

「しゃぶしゃぶ」を例にとって説明します。 まず、骨密度を上げる【ダシ汁】は、「昆布ダシ」「豆乳ダシ」。 豆乳を始め大豆製品は大豆イソフラボンを始め骨にいい成分がたくさんあります。 女性ホルモンには、骨を壊す働きを抑制する効果がありますが、閉経後には女性ホルモンが著しく低下するため、 骨を壊す作用の方が高まってしまいます。大豆に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンに似通った作用があります。 つまり、豆乳の原料である大豆に含まれるイソフラボンが過剰な骨の骨吸収を抑え、骨密度の低下を防いでくれるのです。

昆布ダシがいいのは、昆布には結構カルシウムが含まれていること、また、マグネシウムが含まれていること。 骨を作るのにカルシウムがいいことはよく知られていますが、マグネシウムも実は骨を作るのに大切なのです。 マグネシウムは体に入ったカルシウムを骨の方に誘導してくれる働きがあります。 つまり骨密度を上げるためには、骨の材料となるカルシウムを効率よく摂り、 マグネシウムでカルシウムをしっかり骨に沈着させることが重要なのです。 ちなみに、昆布は細かく切っておくと消化しやすくなり、マグネシウムやカルシウムを効率よく摂れます。


◆骨にいい肉

タンパク質も骨の材料になります。鳥の胸肉は脂質が少なくおススメです。

◆骨密度を上げる野菜

シイタケ・マイタケ・レタス・小松菜がおススメ。緑黄色野菜である小松菜やレタスにはビタミンKが含まれていて、 ビタミンKは、骨を作る細胞の働きを高めてくれます。 マイタケやシイタケなどのキノコに含まれるビタミンDには、骨の材料になるカルシウムの吸収を助けてくれる働きがあります。

◆骨密度を上げる鍋のシメ

骨密度を上げる栄養素は、イソフラボン・マグネシウム・ビタミンK・カルシウム・ビタミンD。 鍋料理はこれらのさまざま寝い要素を一度に効率よく摂れるもってこいの料理で、 おススメのシメは出し汁に溶けだした栄養素を余すことなく摂れる「雑炊・おじや」です。