チャーガ(カバノアナタケ)【活性酸素対策に】

チャーガ(カバノアナタケ)』とは白樺などのカンバ類の幹に寄生しその樹液を吸って成長するキノコのことです。 北海道やロシアが主な産地で古来よりアイヌ民族の間では貴重な存在だったようです。

近年このキノコの研究や実験が進むにつれ、あのアガリクス茸も足元に及ばないほどの能力があることで話題を呼んでいます。 『チャーガ(カバノアナタケ)』には、 β-グルカンを初めとする多糖体、フラボノイド、食物繊維、ビタミン、エルゴステロール、トリテルペノイドなどの成分や ミネラル、ポリフェノール、水溶性リグニンなどが豊富に含まれています。 特に、β-グルカンのSOD値(抗酸化作用)が最も高い自然食品です。 SODとは、攻撃性の強い活性酸素を無害にする体内の酵素のことです。 このSODと似た働きをするのがSOD様活性物質で、キノコの中でもチャーガには 飛びぬけて豊富に含まれています。 チャーガのSOD値は実にアガリクスの23倍、 青汁の60倍もあります。 長い伝統ロシア医学では使用珍重薬用キノコで、癌の治療にも使われるそうです。 研究では、強力な抗酸化防御、免疫力を上昇させることが実証されたそうです。 また、ロシアでは昔から胃腸の調子が悪い時にカバノアナタケから抽出したお茶(チャーガ)を飲む風習があります。


■「チャーガ(カバノアナタケ)」とは?

現在世界中で注目されているキノコ

チャーガ(カバノアナタケ)

「カバノアナタケ」は、学名を”Fuscopiria Obliqua”とよび、 キコブタケ科サビアナタケ属で、タバコウロコタケ科、キコブタケ科、 サルノコシカケ科(今ではマンネンタケ科という)と近縁に関係し、 ヨーロッパ・ロシア・日本の北海道地方の一部に分散する耐寒性のキノコです。 寒冷地の白樺、岳樺(ダケカンバ)の幹に稀に寄生する菌糸魂で長年かけて塊状になります。 2万本に1本といわれているほどの希少のキノコです。

ロシアでは古くからチャーガを飲むと美しくなると当初煎じて飲まれてきました。 その結果飲んだ人の多くは健康を維持する結果となり、研究が進みロシアでは一般的に用いられていますが、 門外不出とされてきました。 ノーベル文学賞作家で有名なアレッサンドロ・ソルジェニツィンの小説 「ガン病棟」で チャーガが紹介されたからです。 1950年代の末カザフスタンに強制追放されて入院している際に、 末期だと診断されたガン患者の治療に成功した自身の実話を土台にしているといわれおり 一躍健康にいいと有名になりました。

日本では北海道の山岳地帯の一部の白樺にしか寄生せず、数が非常に少ないことから『幻のキノコ』『森のダイヤモンド』 と言われています。研究により『β-グルカン』や抗酸化酵素『SOD』が多量に含まれていることがわかっています。 北海道の先住民族が長寿で知られているのも、このカバノアナタケを煎じて愛飲していたためと言われています。

カバノアナタケの菌核のことを『チャーガ』=”Chaga”または ”Tchaga”、 ロシア語名”ЧАГА(チャガ)”と言います。また、白樺の幹に生えるのが特徴で、白樺茸とも呼ばれています。 チャーガは、10〜15年も白樺の樹液を吸い取りながら石炭のような黒い塊のコブ状になった奇妙な菌核を形成します。 形成された黒い塊菌核には有効な数々の成分が凝縮され、養分を吸い取られた白樺は、やがて枯れてしまいます。 栄養分が凝縮されたチャーガは、他のキノコにないほどの有効成分を持っているといわれ、 SOD値の高さは他の食品と比較して群を抜いています。


カバノアナタケの子実体は、一般的に見られるキノコの傘を形成せず、樹皮の下に薄く平たく広がっています。 寄生された木の樹皮の下には、細長いレピューシカ(平たい円形状の食べ物)状のキノコの褐色果実体ができ、 また樹皮の表面では実を結ばないキノコ形成体が繁殖します。

カバノアナタケの表面は黒色で、そのコブが幹についているところでは、比較的柔らかい、明るい色をしています。 その外層の下部には、粒状の褐色の組織があって、これがカバノアナタケの主要部分を作っています。 カバノアナタケは、まれにカワラハン、ヤマトネリコ、ニレに木などにも寄生しますが、 主にカバノキ類の幹に寄生して育ちます。そして、注目されるのが寄生した木を枯らしてしまうことで、 このため、カバノアナタケは「ガンのようなキノコ」といわれることもあります。

見方によっては、それほど生命力の強いキノコといえるのです。 ロシアのノーベル賞作家、ソルジェニツィンの作品に、チャーガが登場し、注目されるようになりました。 それによると、チャーガは白樺に自生した菌核を煎じてお茶代わりに飲んでいるモスクワ郊外の アレクサンドロフ地方の田舎では、健康な人が多いというのです。

日本でも、アイヌの人たちはこれをタドンの代わりにして火をくべて、火種用に使っていたといわれています。 また、アイヌの人や北海道の林業関係者が、健康の為に飲んでいたといわれ、 しかも非常に貴重なキノコとして知られていました。

チャーガには、β-グルカンを初めとして多糖体、フラボノイド、食物繊維、   ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、リグニンなどが豊富に含まれています。 また鉄分や亜鉛も含まれておりロシアでは古くから美容と健康維持に使われています。 寒さが厳しい広大なロシアには、養分となる白樺が太く、大きくて良質なチャーガが多いことで有名で、 ロシアでは昔からずっと美容と健康にために健康茶として飲まれており、長寿の秘訣として伝承されてきました。 脂っこいものを多く摂られる方や不規則な生活をされている方にもお役に立てる健康食品です。