慢性疲労症候群(CFS)の症状・原因・治療

慢性疲労症候群』の症状は、「体を動かせず、日常生活が送れないほどの疲労感・脱力感」 「微熱、頭痛、のどの痛み、リンパ節の腫れ、筋肉痛、関節痛」「思考力・集中力の低下、不眠、過眠」「気分の落ち込み」などが6ヶ月以上続く場合です。 慢性疲労症候群の原因は、過去に感染して潜伏しているさまざまなウィルスが、ストレスなどの影響で免疫力が低下すると、活動を再開し、 それを抑え込もうと各種の免疫物質(インターフェロン、TGF-βなど)が体内でつくられ、悪影響が生じるのです。 慢性疲労症候群の治療の中心は、「漢方薬、ビタミンB12、C、SSRI」などの薬物療法ですが、認知行動療法などもあります。


■「慢性疲労症候群(CFS)」とは?

忙しい現代社会では、多かれ少なかれ、多くの人が慢性的な疲労を感じていますが、 一般的な慢性疲労はある程度の休養をとれば解消されます。 しかし、慢性疲労の原因となる病気がないのに、非常に強い疲労状態が長期に続き、 日常生活に支障をきたすほどの疲労に襲われる「病気としての慢性疲労」もあります。 これが『慢性疲労症候群(CFS)』です。 「慢性疲労症候群(CFS)」の慢性疲労は、一般的な慢性疲労とは異なり、体を動かせないほど強く、 休養をとっても軽減されません。

「慢性疲労症候群」では、非常に多岐にわたる不定愁訴があり、 内科を受診しても通常の血液検査などでは異常が見つからず、精神科を受診するよう勧められたり、 精神科を受診しても不定愁訴を説明できるような精神疾患が見つからずに診断書がもらえなかったり、 学校や会社を休み「怠け病」と陰口を叩かれたりと、周囲の人々の理解が得られないばかりか、 医療関係者の間ですら、「慢性疲労症候群(CFS)」の認知度は低いのが現状です。 診断基準は定められていますが、正しい診断を受けるまでに何年もかかることもあり、 つらい思いをする人も少なくありません。なかには、周囲の無理解などから気分が落ち込み、 二次的に「鬱状態」になる人もいます。

慢性疲労症候群患者は、強い慢性疲労のため、日常生活でできることが健康なときの半分以下に減ってしまい、 仕事や学校を休まざるを得なくなったり、家事を行うことができなくなったりします。 人によっては、「椅子に座るのもつらい」「箸やペンさえ持てない」ということもあります。 一般に疲労の感じ方は主観的で、人によって異なりますが、最近は疲労の影響を客観的に評価する検査法も 取り入れられています。日常生活の活動量を「アクティブグラフ」という機器で測定すると、 慢性疲労症候群の患者の活動量は、健康な人よりかなり低下しており、疲労の影響が大きいことがわかります。

慢性疲労症候群は1988年にアメリカで病気の概念が発表されたのですが、 最近では各国でさまざまな研究が進んで、この病気の起こる仕組みなどがわかってきました。


■慢性疲労症候群(CFS)の症状

慢性疲労症候群では、それまで健康だった人が、肝臓病や甲状腺の病気、更年期障害、 癌などの病気がないのに、急に激しい疲労状態に陥り、

「体を動かせず、日常生活が送れないほどの疲労感・脱力感」
「めまい、微熱、頭痛、のどの痛み、リンパ節の腫れ、筋肉痛、関節痛」
「思考力・集中力の低下、不眠、過眠」
「気分の落ち込み」

などの身体症状や精神症状が6ヶ月以上続く場合、通常の慢性疲労と区別して、 「慢性疲労症候群(CFS)」と呼びます。 また、診察時には「微熱、首のリンパ節の腫れ」「筋力低下」なども認められます。

慢性疲労症候群は、疲労や思考力・集中力の低下など同じような症状があることから、 「鬱病」と間違われる場合があります。しかし一般に、鬱病の症状は朝に多く、 午後になると軽減される傾向があるのに対し、慢性疲労症候群の症状は、朝には比較的軽く、 午後になると徐々に強まるという違いがあります。 ほかに、血液中のホルモンの濃度に差が認められるという違いもあります。

●慢性疲労症候群(CFS)の起こり方

私たちの健康は、体内で神経系、免疫系、内分泌系の3つのネットワークが正常に働くことで維持され、 これらが互いに作用し合って、バランスを保ちながら働いています。 慢性疲労症候群患者では、精神的なストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れることがあり、 それに連動して免疫系、内分泌系のバランスも崩れます。 その影響が脳にも及び、脳の機能にさまざまな異常が起こって、 激しい疲労感や不定愁訴が引き起こされると考えられています。

▼血流量の低下
脳の働きの異常が「ポジトロンCT検査」で確認されています。ポジトロンCT検査で脳の血流量を調べると、 慢性疲労症候群患者の脳では、自律神経の中枢がある部位など、いくつかの部位で血流量が低下し、 働きが低下していることがわかりました。自律神経の中枢の働きが低下すると、 「立ちくらみ」「ふらつき」「発汗異常」などの自律神経失調症症状が現れます。

▼痛覚の異常
脳の痛みを感じる部位では、神経伝達物質の量に異常が生じており、痛覚が過敏になっていることも わかっています。

▼自律神経の異常
自律神経には交感神経と副交感神経があり、心身が緊張すると交感神経が優位になります。 心電図による「心拍変動」を測定して、心身の緊張の度合いを調べる検査では、 睡眠中も交感神経の緊張が続いていることがわかりました。 そのために、「寝つきが悪い、途中で目が覚める」といった症状が起こると考えられます。

■新しい血液検査法

疲労の程度を評価するためのさまざまな検査法が研究されていますが、現在のところ、慢性疲労症候群の診断は、 主に自覚症状や医師の診察所見を元に行われています。この病気に特有の血液成分を調べることができるようになれば、 より正確な診断が可能になります。現在、低エネルギーで透過性の高い近赤外線光を用いて血液を調べる 「近赤外分光解析」が、慢性疲労症候群の治療に役立つのではないか、という研究が進められています。


●慢性疲労症候群(CFS)の原因

人間の体内には、過去に感染したさまざまなウィルスが潜伏しています。ストレスなどの影響で 免疫力が低下すると、ウィルスが活動を再開します。それを抑え込もうと各種の免疫物質 (インターフェロン、TGF-βなど)が体内でつくられ、悪影響が生じます。

▼ストレス
・精神的ストレス・・・・・人間関係のあつれきなど。
・身体的ストレス・・・・・過労、トレーニングのし過ぎなど。
・科学的ストレス・・・・・建材などから放出される化学物質など。
・物理的ストレス・・・・・紫外線、温熱、騒音など。
・生物学的ストレス・・・・ウィルス、細菌など。

▼ウィルスが再活性化する
人間の体内には、ヘルペスウィルスなど、過去に感染したさまざまなウィルスが潜伏している。 ストレスで神経系の働きに異常が生じると、免疫の働きが低下する。 その結果、潜伏していたウィルスが活動を再開する。 これを「ウィルスの再活性化」という。

▼インターフェロンなどの免疫物質による影響
再活性化したウィルスを抑え込もうとして、体内ではインターフェロンなどの免疫物質が盛んに作られる。 過剰な免疫物質は、脳の働きに影響を及ぼし、強い疲労を生じさせたり、血中に長くとどまって 疲労感を長引かせる。また、微熱、筋肉痛、関節痛、気分の落ち込みなどを引き起こす。

▼TGF-βによる影響
免疫物質が過剰に作られると、内分泌系にも異常が生じる。 TGF-βが血中に長くとどまって、疲労感を長引かせたり、幸福感や情緒に関係する ホルモン(DHEA-S)を減少させ、疲労の回復などを阻害する。

▼DHEA-Sの減少による影響
DHEA-Sの減少は、アセチルカルニチンという物質の減少も招く。 アセチルカルニチンは、脳では神経伝達物質の合成に使われているので、減少すると 主に脳の慢性疲労に関与する部位の機能に異常が起こる。

また、自分の組織を攻撃する種々の自己抗体がつくられて、それが脳に運ばれ、脳の疲労を感じる 機能の異常を引き起こしている可能性も指摘されています。
慢性疲労症候群(CFS)の研究では、血流量などを手がかりに脳の機能を調べる研究も行われて います。慢性疲労症候群患者の脳の血流量を健康な人と比べると、自律神経、意欲、記憶、体温調節や心拍 と関係する部分など、いろいろな部分で血流量が低下しており、脳の機能低下が確認されています。

●ストレスと遺伝的な背景

慢性疲労症候群患者の多くは、精神的なストレスを抱えていることが多いようです。 家庭や職場のトラブル、配偶者の死亡など、人生にはストレスとなる出来事がいろいろあります。 これらの”出来事ストレス”が何項目あるかを調べたところ、健康な人の平均約4項目に対し、 慢性疲労症候群発症時の患者は平均8項目と、多くのストレスがあったそうです。
またストレスの影響については、遺伝的な背景も研究されています。脳では、セロトニンをはじめ、 さまざまな神経伝達物質が神経細胞の間を移動することで情報が伝えられます。 同じようなストレスに対する感受性の違いは、神経伝達物質をやりとりする部位の遺伝的な違いが 関係している可能性が報告されています。


■慢性疲労症候群(CFS)の治療

慢性疲労症候群の治療の中心は、「漢方薬、ビタミンB12、C、SSRI」などの薬物療法ですが、認知行動療法などもあります。

●薬物療法

▼漢方薬
漢方薬では、主に「補中益気湯」が処方されます。 「補中益気湯」には、消化吸収の働きをよくしたり、免疫力を高める効果が期待できます。

▼ビタミンB12
ビタミンB12は、睡眠障害の改善に有効とされ、脱力感や疲労感、思考力低下などの改善にも 効果があることが認められています。

▼ビタミンC
慢性疲労症候群では、細胞に障害を与える活性酸素も大きく影響していると考えられます。 そこで、活性酸素によって細胞が障害されないように、抗酸化力を持つビタミンCを大量に服用します (ビタミンCの大量投与による胃粘膜の障害を予防するため、胃薬も処方されます)。 また、ビタミンCの服用では、微熱の程度や頻度が改善する例が多く見られます。

▼SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
漢方薬やビタミン剤で改善しない場合に用いることがあります。 脳の神経伝達物質の「セロトニン」の代謝が改善され、脳の働きがよくなります。

●認知行動療法

同じようなストレスが加わっても、人によって感じ方は異なります。 慢性疲労症候群患者の性格やストレスの感じ方などを調べたところ、「完璧主義」の人が多く、 ストレスの影響を受けやすいことがわかりました。 そこで、「認知行動療法」が行われることがあります。これは、感じ方や行動の癖などを見直し、 上手にストレスに対処する方法を、患者と医師が話し合いながら見出しいくものです。
また、発症時から精神症状が強く、精神疾患の診断基準が当てはまる人の場合、 漢方薬の服用など内科的な治療の効果はほとんど見られないことがわかってきました。 そのような場合には、症状に応じた薬物療法やカウンセリングが行われます。


他に、筋肉痛に対する消炎鎮痛薬、睡眠導入薬、抗ウィルス薬、抗菌薬、などが使われることもあります。



■慢性疲労症候群が疑われるときは

強い疲労感などが続き、慢性疲労症候群が疑われる場合は、まず内科を受診し、肝臓や腎臓、甲状腺の病気など、 疲労の原因となる病気の有無を調べます。身体的な病気がない場合には、心療内科や精神科を受診し、 鬱病や神経症などの有無を調べます。これらの病気で疲労が生じている場合には、その治療を受けます。 心身の病気がない場合に「慢性疲労外来」などの専門医を受診することが勧められます。

なお、慢性疲労症候群を短期間で完治させるのは難しく、一般に治療は数ヶ月から数年かかります。 専門医の診断による治療を受け、徐々に症状の改善を図っていくことが大切です。


■その他

▼鬱病と慢性疲労症候群
鬱病では「コルチゾール」というホルモンの血液中の濃度が、健康な人よりやや高い傾向があるのに対し、 慢性疲労症候群では、低い傾向があると報告されています。

▼インターフェロンの副作用
ウィルス性肝炎や肝臓癌の治療に使われるインターフェロンの副作用で起きる「倦怠感」や「発熱」などは、 慢性疲労症候群の症状に似ていることが指摘されています。動物にインターフェロンを投与すると、 脳の神経細胞に影響して疲労状態が作られることも確認されています。