免疫力強化に・抗ウィルス作用に
『アガリクス』

アガリクスには、βーグルカンやリン脂質、 各種ミネラルやビタミン、酵素などの貴重な成分が多く含まれています。 それにより、他の植物に比べ免疫力を高める作用が格段に高く、癌などの難病にも効果があると報告されました。 また、アガリクスの多糖体の中にはインターフェロンの産生を活性化する作用があり、ウイルスの侵入を防ぐ力も強いことが証明されています。


■「アガリクス」とは?

他の植物に比べ格段に高いβ-グルカンの免疫力

『アガリクス』とは、学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、和名を「ヒメマツタケ」というキノコの一種です。 もともとはブラジルのピエダーテ地方に自生しており、地元では「神のキノコ」と呼ばれています。 このキノコが注目されるようになったのは、アガリクスを常食とするピエダーテ地方の人々の成人病発生率が極端に低かったことを 不思議に思ったアメリカ・ペンシルバニア州立大学教授・W・J・シンディ博士とランバート研究所のE・B・ランバート博士らが研究を開始し、 制ガン作用などの薬効に関する研究発表を行ったことがきっかけです。 その後、多くの医学学会でアガリクスに関する研究発表が報告され、 アガリクスには、主成分である 「βーグルカン」や リン脂質、各種ミネラルやビタミン、酵素などの貴重な成分が多く含まれており、 他の植物に比べ免疫力を高める作用が格段に高いということがわかり、癌などの難病にも効果があると報告されました。 他に食物繊維や、多糖類、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなどの成分も確認されています。

実話としては、レーガン元大統領の皮膚ガン治療にアガリクスを使用したところ、大統領の皮膚ガンは完治した、という話があります。 日本においてもアガリクスに関する研究発表が、日本癌学会や日本薬理学会で行われ、 アガリクスの多糖体の中にはインターフェロンの産生を活性化する作用があり、ウイルスの侵入を防ぐ力も強いことが証明されています。 ただし、アガリクスの有効性を証明する研究がある一方で、「そのような効果はない」という研究者がいることもまた事実です。 しかし、化学療法などによる副作用が問題になっている現在、アガリクスの食効による代替療法は、 多少の問題を残しながらも今後ますます注目されていくでしょう。