【質問】視界がぼやけてスッキリ見えません

「白内障」の手術を受けて約1年。 視力はそれほど不便を感じないのですが、”かすみ”や”曇り”で視界がぼやけ、何を見てもすっきりしません。 好きな読書も文字がぼやけるので煩わしくなってしまいました。 今年2月に一度、レーザー治療を受けました。眼のかすみや曇りを改善する方法はないのでしょうか。 現在、単純網膜症の治療中(黄斑浮腫なし)で、カリジノゲナーゼを服用しています。
●75歳・女性
●ヘモグロビンA1c7.0~7.2%で糖尿病の薬を服用中


【答】

白内障手術後の視力は良好だけども、ぼやけて見えるとのことでお困りのご様子。読書もできずご不便でしょう。 ご質問の内容だけでは確実な原因はわかりませんが、いくつかの可能性を挙げてみたいと思います。 考えられる原因は目の外と中に大きく分けられます。 目の外の原因としては、「ドライアイ」のために涙の層が安定していないことが考えられます。 涙の層が安定していないと、物をはっきり見ることができません。 ご本人に目が乾くなどの自覚症状がなくても、白内障の手術後にドライアイが生じることは珍しくありません。 ドライアイでは目の乾燥だけでなく、目が疲れやすい、なんとなく目に不快感がある、かすんで見えるなどの症状も現れます。 適切な点眼治療で改善することが多いですが、エアコンを控えめにするなど生活環境を見直すことも時に必要です。 他に、白目(結膜)が緩む「結膜弛緩症」の可能性もあります。 年齢に伴って生じるもので、やはり涙の層が安定しないために、物が見づらい、スッキリ見えないなどの症状が現れます。 これは簡単な手術で治療が可能です。

目の中の原因としては、「後発白内障」があります。 ご質問者が受けたレーザー治療が、網膜の光凝固術ではなく、後発白内障に対するレーザー治療であれば、通常は1回の治療で治るはずです。 また、網膜に何らかの障害が起きている可能性もあります。 糖尿病や「緑内障」、 あるいは黄斑の病気などのために、網膜の感度が低下していれば、視界がかすむことがあるのです。 ご質問者の「糖尿病による網膜症(単純網膜症)」 がどの程度かわかりませんが、はっきりした黄斑浮腫がなくても、網膜に出血が生じていれば、網膜の感度が低下することがあります。 緑内障には、眼圧が高くなくても生じる「正常眼圧緑内障」というものがあり、 視力はよくても、視野に障害が生じて、ぼやけやかすみが生じることがあります。 黄斑は網膜の中心部で、物を見る重要な部分ですこの黄斑に幕が張る「黄斑前膜」、孔が開く「黄斑円孔」、 異常な血管が生じる「黄斑変性」などさまざまな病気があります。 初期の場合は診断が難しいこともあるので、検査設備の整った医療機関で検査を受けられることをお勧めします。

(この答えは、2017年8月現在のものです。医療は日々進歩しているので、後日変わることもあるのでご了承ください。)