不整脈のタイプを見分ける

不整脈が現れるサインをいち早く察知しよう

胸のドキドキ感(動悸)や痛み、息切れといった症状が現れたら、不整脈狭心症などの心臓病のサインであることが少なくありません。 心臓病のサインには、その他にも、体のむくみやだるさ、めまい、胸苦しさなど、さまざまな症状があります。 突然死を防ぐには、普段からこれらのサインを見逃さないことが大切です。 特に不整脈には、さまざまな種類があります。なかには突然死に結びつきやすいものもあるので、あらかじめ自分がどのタイプの不整脈で、 どんな対策が必要なのかを知っておくことが重要です。
不整脈には脈が速くなったり脈が飛んだりする「頻脈性不整脈」と、 脈が遅くなったり脈が抜けたりする「除脈性不整脈」に大きく分けられます。 胸が急にドキドキする、息切れ・めまいが起こるなどの症状から自分の不整脈タイプの見分け方を知りましょう。


■症状を自覚しにくい不整脈も多い

では、不整脈にはどんな不整脈が考えられるのか、主なタイプを見てみましょう。 まず、不整脈は、脈が速くなったり脈が飛んだりする「頻脈性不整脈」と、 脈が遅くなったり脈が抜けたりする「徐脈性不整脈」に大きく分けられます。


●頻脈性不整脈

運動をしたり緊張したりすると誰でも動悸を感じるものですが、安静時に起こる場合は頻脈性不整脈と考えられます。 健康な人の脈が毎分60〜70回程度なのに対し、頻脈性不整脈では毎分約100回以上になります。 急に胸がドキドキして脈が不規則に速く打つのを感じたら、頻脈性不整脈の中でも「心房細動」が疑われます。 心房細動は心房内に不規則な電気信号の旋回が生じることで起こり、心拍数は毎分100〜200回と不規則になります。 心臓がドキンと響くように感じたり、脈が1拍飛んだように感じたりした場合は、 不整脈の中で最も多い「期外収縮」と考えられます。 電気信号の異常で正常な人よりも早いタイミングで余分な心拍が生じるため、こうした症状が現れるのです。 期外収縮は異常な電気信号が発生する場所によって、上室性期外収縮と心室性期外収縮に分類されます。 どちらのタイプかは、病院の心電図で確かめる必要があります。 心臓がドキンと響く感じが続く場合は「心室頻拍」が考えられます。 これは、心室性期外収縮が3回以上連続して起こるもので、動悸のほか息切れ・めまいが起こることもあります。 心拍頻脈が数分以上続くと、最も危険な「心室細動」に移行します。 心室細動が起こると心室に強い電気信号が発生するため、心臓が痙攣状態に陥って血液を送り出せなくなります。 突然死につながるので、すぐに治療が必要です。


●除脈性不整脈

脈が毎分60回以下になるものを除脈性不整脈といい、主なものは「洞不全症候群」「房室ブロック」です。洞不全症候群は、心臓内の洞結節などに異常が起こり、 電気信号が著しく遅くなったり、伝わりにくくなったりする状態の総称。 房室ブロックは、心房と心室の接合部の障害によって、電気信号の伝わり方が悪くなる状態です。 どちらも息切れや体のだるさ、めまいなどの症状が現れますが、症状を自覚しないこともあります。


以上のような症状が現れたら、医師の診断を受けるとともに、生活習慣の見直しなどを心がけましょう。