サプリメントの基礎知識1『サプリメントとは?』

サプリメントの基礎知識について簡単にご説明します。
(*本文は下の方にあります)


サプリメントの基礎知識1

■サプリメントとは?

日本ではサプリメントと言われていますが、正式にはダイエタリー・サプリメント(Dietary Supplement)の略で、 栄養補助食品、健康補助食品のことです。とdietaryは「食事の」と言う意味で、 一般でいうダイエットとは直接の関係はありません。 supplementは、補足という意味なので、「日常の食事で不足する栄養を補うもの」ということになります。

アメリカではサプリメントはきっちりとDSHEA法という法律で「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を 1種類以上含む栄養補給のための製品」と規定されています。しかし、日本では明確ではありませんが、 法律上は「医薬品」ではなくカプセルでも「食品」に分類されています。 そう、あくまでも、野菜や果物と同じ食品なのです。 あくまで「医薬品」ではないので、病気の予防や治療を目的にはできず、「効能」の表現はできません。 「がんに効く」「高血圧の予防に」という表現はできません。

医薬品は体にとっては異物ですが、サプリメントは栄養素なので体に存在する構成成分です。 医薬品がなくて病気にはなりませんが、栄養素が不足すると病気になることはあります。 よって、医薬品は発症してからの治療を行う、サプリメントは病気にならない体を作る健康維持、 という役割分担になっているということです。

別の視点で見ると、医薬品は病気・症状に働きかけて熱を下げたりしますが、 サプリメントは体の調整機能や代謝、血液循環を良くし自然治癒力を高めるために働きます。 サプリメントは直接病気・症状に働きませんが、自然治癒力を高めた結果として、病気・症状が改善されることになります。 体が必要とする十分な栄養素を食事から摂ることが理想です。 しかし、現在の食事はどうしても「カロリー過剰・微量栄養素不足」。 頼みの野菜すら、昔と比べて栄養素が7分の1から20分の1になっています。 しっかりした食事とサプリメントが健康維持に重要になっているということですね。


■サプリメントの分類や表記(1)

サプリメントは、食品ですから、医薬品のように効能を表示することはできません。 しかし、最近、「トクホ」という言葉をよく聞きませんか? これは、厚生労働省が、ある健康表示をつけることを許可した食品で、「特定保健用食品」のことです。 通常の健康食品やサプリメントには厳しく規制されている「健康への有用性」を表示することができます。 これは、生活習慣病の一次予防を目的に作られたもので、一つ一つの製品に対して、 日本人を被験者としたヒト臨床試験などの厳しい審査が行われ、その有効性が科学的に証明された場合に表示が認められます。

但し、たとえば「高血圧を改善する食品です」とは許されず、直接症状や疾病の改善につながる内容は表示できません。 「血圧を正常に保つことを助ける食品です」といった、ゆるやかな表記になります。 利用者から見れば、国のお墨付きであり安心できそうですが、科学的根拠、臨床試験数、結果などはあまり開示されていないようです。 また、一度許可されると、無期限に表示が有効です。100%表示を信頼するのではなく、少し調べる姿勢が必要かもしれません。


■サプリメントの分類や表記(2)

サプリメントって、いっぱいあって何を選んだらいいかわからないですよね。上記では、「トクホ」について説明しました。 このトクホ、特定保健用食品は、個別の商品ごとに厚生労働省が許可して、効能を表示できる制度でした。 ここでは、トクホと同じように法的に認知されている「栄養機能食品」と「健康補助食品」についてです。

栄養機能食品は、トクホと違い「規格基準型」で、一日の栄養素の摂取量が国が決めた基準値内にあれば、 審査なしに付けることができる肩書きです。対象が決まっており、ビタミン12種類とミネラル2種類に限られています。 その基準値は、上限値は一日に摂取できる最大限度量、下限値は栄養所要量の1/3になっています。 但し、独自の考え方から基準値内を超えるサプリメントもあり、この表示がないから役に立たないということではないということを 理解しておきましょう。アメリカでは推奨摂取量の5倍、10倍というサプリメントもあるそうです。

また、JHFAという表示のサプリメントもあります。これは、財団法人日本健康・栄養食品協会(JHFA)の認定マーク。 有効成分が表示どおり含有されているか、有害物質が入っていないかの品質チェックを行っており、「健康補助食品」と呼んでいます。 不足している栄養を補うという意味より一歩進めているわけですね。 特定保健用食品、栄養機能食品、健康補助食品といった表示の内容を理解して、自分に合ったサプリメント選びに役立ててください。