【質問】月に1度、胃痛を伴う嘔吐があります

22歳の息子の相談です。この10ヵ月、月に1度、胃痛を伴う嘔吐が5~6時間続く日があります。 内視鏡検査では少し荒れた部分があるという程度で、CT検査では特に異常はありませんでした。 現在、逆流性食道炎の治療ということで、 タケキャブ錠10mgを服用し、嘔吐の前後は胃痛がひどいため、ストロカイン錠を併用しています。 普段は胸やけやげっぷなどの症状はありません。症状が出てもう1年になりますが、このままの治療でよいのか心配です。


【答】

御子息は嘔吐を定期的に繰り返されているということですが、ご質問を拝見した限りでは、これといった原因によるものではないようです。 逆流性食道炎と診断されているとのことですが、この病気で嘔吐を繰り返すことは、一部の重症例を除いては稀です。 また、薬物治療も受けておられるようですから、逆流性食道炎が嘔吐の原因ではなさそうです。 嘔吐を繰り返す場合に考えられる原因としては、抗癌剤や医療用麻薬などの薬の副作用、 糖尿病や甲状腺機能異常などの代謝性疾患、 片頭痛や脳腫瘍などの中枢神経系の異常、内耳炎や メニエール病などの耳鼻咽喉系の病気、 さらには不安症や心因性嘔吐などの精神疾患など様々です。 嘔吐の原因を探るためには、これらの病気を鑑別、除外する必要があります。 これらのいずれにも当てはまらず、原因不明の場合は「機能性消化管障害」と分類されます。 具体的には「機能性嘔吐」「周期性嘔吐症」などの病名があります。

御子息の場合は、月に1回程度の頻度で嘔吐するとのことですが、周期性嘔吐症の可能性が高いと思われます。 この病気の原因は基本的には不明ですが、ストレスなど精神的な原因によって嘔吐する場合や、 女性の場合は月経周期に一致して嘔吐する場合などが知られています。 御子息の場合は、特に22歳という社会や人間的なストレスにさらされやすい多感な年齢でもありますので、精神心理的な側面からの推察も重要であると思います。 このような診察は心療内科で受けられるのがよいと思います。 治療に関してですが、嘔吐の背景に病気など何らかの原因がある場合は、原因に応じた治療を行います。 原因不明の周期性嘔吐症などに対しては、 片頭痛の薬β遮断薬三環系抗うつ薬選択的セロトニン再取り込み阻害薬、 などの効果に関する報告があります。 また、心療内科的な治療が有効なこともありますが、標準的な治療が確立されているわけではありません。 いずれにせよ、御子息の場合は、逆流性食道炎が原因ではなく前述のような何らかの特殊な病気であることも想像されますので、 一度専門家を受診されることを強くお勧めします。

(この答えは、2017年8月現在のものです。医療は日々進歩しているので、後日変わることもあるのでご了承ください。)