カリウム

カリウム』は、ミネラルの一種で、ナトリウムと共に体の水分バランスを調節し、 体内の老廃物の除去を助けたり、神経、筋肉、心臓等の活動を維持する働きをする、体にとって必須の成分です。 カリウムが欠乏すると、疲労感、無気力感、むくみ等の症状が現れるといわれています。 近年、食の欧米化にともなって、現代人はナトリウム(塩分)を摂りすぎる傾向にあり、 カリウムは不足しがちなミネラルとして、重要性が見直されるようになりました。 特に、カリウムは余分な塩分を排出してくれる重要なミネラルなので、 高血圧にはカリウムを多く含む食材を摂ることが大切です。


■カリウムの働き

カリウムの主な働きは、心筋に関係するものと言えます。 心臓機能、心筋機能の調整を行い、血圧を調整する作用も持ちます。 命に直結するとは言い過ぎかもしれませんが、それに準じるほどの重要性を持っている事は確かでしょう。

これとほぼ同じ働きをする栄養にナトリウムがあり、2つが協力し合って身体の健康を守ります。 これら2つのバランスが、体内の浸透圧調節(水分調整)に作用します。 他にも、神経細胞(膜)の刺激伝達、筋肉弛緩の調節、細胞のエネルギー生産に関わる作用、 腎臓における老廃物の排泄を促す利尿作用など、実に様々な働きを持った非常に重要な役割の栄養です。

これが欠乏すると低カリウム血症となり、逆に過剰吸収(腎臓が弱い場合のみ)されると高カリウム血症になります。 様々な役割を持っている為、減り過ぎても増え過ぎても、身体への影響が大きくなるのです。


●カリウムが不足すると・・・

カリウム不足による症状の代表例として、不整脈・高血圧が上がります。 先述した通り、心筋機能や血圧調整に大きな影響力を持っている栄養の為、 欠乏時に最も症状が出やすい箇所もこれらになります。

他にも、筋肉の弛緩を調整する作用を持つ為、これが不足すると、 こむらがえりや、(腸運動が弱くなる為)便秘になってしまいます。 これらの症状は、全て「低カリウム血症」というれっきとした病気と捉えられます。 また、夏バテもこれが一因となります。

カリウムが不足する要因として、ナトリウム(塩分)の過剰摂取・タバコ・アルコールなどの嗜好品や、ストレスなどがあります。 また、これは水溶性ミネラルである為、水分と共に(汗のかき過ぎ・下痢など)失われてしまいます。 これが夏バテの一因とされる所以です。 夏など大量発汗が避けられない時期は特に注意が必要と言えるでしょう。


●何を食べればカリウムを多く摂取できる?

カリウムを多く含んだ食べ物は、ジャガイモなどのイモ類・ナッツ類・ 野菜類(ほうれん草などの葉物がおすすめ)・海藻類などが挙げられます。 これはミネラルの1種でもある為、ミネラルが多いとされる食べ物に多く含まれていると考えて良いでしょう (食べ物ではありませんが、ポカリスエットなどのスポーツ飲料にも多く含まれています)。 他にも、アボガド・バナナなど果物も良いでしょう。 ただし、リンゴなど含有量が低い物もある為、果物ならば良いという訳でもないので注意が必要です。

カリウムは熱に弱い栄養です。 加熱調理でも失われる他、煮込み料理の場合は、3割ものカリウムがその食材から失われてしまいます。 この為、効率良く摂取したいと思えば、生の果物やドライフルーツ・ピーナッツなどが適当と言えるでしょう


●関連項目