サラシア(コタラヒム)【高血糖・糖尿病対策に】

サラシア(コタラヒム)』の成分サラシノールが糖質の分解を調整し、ダイエットや糖尿病に関する健康成分として注目されています。 やせたいけれど、甘いものをガマンできない。 運動は苦手なのに、つい食べ過ぎてしまう・・・・・。 そんな方の間で大人気なのがサラシア。


■「サラシア(コタラヒム)」とは?

ダイエット・糖尿病に

『サラシア(コタラヒム)』は、インドやスリランカの熱帯地方に自生する デチンムル科サラシア属のツル性植物です。 その歴史は古く、5000年も前から、マハラジャ(王侯貴族)たちがダイエットの秘薬として用いていたという記述が インドの伝承医学”アーユルヴェーダ”に残っているほど、古くからその薬効が知られています。 日本でも肥満抑制効果が話題となりましたが、他にも宿便解消・中性脂肪や内臓脂肪の減少・高血圧改善などの 健康効果が高く評価されており、なかでも、糖尿病への働きは秀逸で、科学的な解明も進んでいます。 サラシアの有効成分である「DASDES」は、日本とアメリカで特許を取得しています。 日本人の糖尿病の多くは、過食・運動不足などによるエネルギー過多に由来するといわれています。 サラシアの成分サラシノールは食後の過血糖を抑制して徐々に血糖値が上昇するように働くので、 長時間少し高めの血糖値を維持し空腹感を抑えると言われています。


●その他

▼便通改善に
サラシアの摂取により、腸から吸収されるブドウ糖が減少し、 分解されずに腸に残ったオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになるので、 善玉菌が増えることで腸内環境が整い、便通改善に貢献します。

▼体の抗酸化に
サラシアにはシミやシワの原因とされる活性酸素と闘う強力な抗酸化成分、 ポリフェノールやマンジフェリンなどが含まれています。 また、サラシアには抗酸化力を持つカテキンが豊富。癌などの病気や老化の元凶といわれる 過剰な活性酸素を除去します。