ブドウエキス

不老長寿の妙薬といわれる長寿たんぱく「サーチュイン」を体内で増やすためには、 ポリフェノールの一種の紫色の色素成分「レスベラトロール」を摂取することが有効といわれ、 レスベラトールを効率的に摂るには、『ブドウエキス』が有効です。


■レスベラトロール

病気にかかりにくく死亡率も低下

最近、ブドウに多いポリフェノール(植物の色素成分)の一種 「レスベラトロール」の優れた効果が 注目を集めています。レスベラトロールは、活性酸素を消す効力が大きいことが知られています。 活性酸素を消すことによって、血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化を改善します。 また、血液中の血小板が集まるのを抑えて、血栓ができるのも防ぎます。 そうした働きから、レスベラトロールは、心臓病や脳卒中の予防・改善に有効と考えられているのです。 さらにレスベラトロールには、優れた抗癌作用があることもわかってきました。

そんな中で、最近特に注目を集めているのが、不老長寿の妙薬となりうる体内のたんぱく質 「サーチュイン長寿たんぱく)」を増やす働き。 長寿たんぱくサーチュインは、食事制限や運動など、体に何らかの負担をかけることで増えるという性質がありますが、 レスベラトロールを摂ることでも増やせることがわかってきたのです。 レスベラトロールが生物の寿命を延ばす働きについては、さまざまな実験が行われています。 中でも、2006年に行われた米国ハーバード大学や米国加齢研究所などの実験は、世界中の注目を集めることになりました。

実験では、マウスを
@高カロリー食だけを与えるグループ
A高カロリー食とレスベラトロールを与えるグループ
B標準食を与えるグループ
を与えるグループの3つに分けました。

実験の結果、@のマウスは肥満になったばかりか、心疾患や肝臓障害を起こして死亡するものが多くいました。 これに対し、Aのマウスは、肥満にはなったものの、病気にはかかりにくく、心臓や肝臓の異常も少なかったのです。 さらに、生後114週(マウスの寿命は108週)での死亡率は、@が58%、AとBが42%で、AとBは、 @より約3割低いこともわかりました。 レスベラトロールには、健康に役立つさまざまな効果があるため、こうした実験の結果が、 長寿たんぱくサーチュインが増えたことだけによるものなのかは、詳しいことはわかっていません。 とはいえ、レスベラトロールを摂れば、若さと健康を保てるということが明らかになったわけです。 今後もレスベラトロールは、ますます注目を集め、研究も進められていくものと考えられます。


■新型ブドウエキス

吸収率を高めた「新型ブドウエキス」

レスベラトロールの働きが世界中から注目される中、ブドウの種からレスベラトロールを高濃度に抽出した 「新型ブドウエキス」が話題を集めています。 実は、レスベラトロールは、分子の構造が不安定なため、胃の中の残留たんぱく質や胃酸で分解されたり壊れたりする 心配がありました。また、レスベラトロールは脂溶性(油に溶ける性質)のため、体内に吸収されにくいという欠点も 指摘されています。ところが、ブドウの種を発芽させてレスベラトロールを抽出し、それに糖分子を結合させると (配糖体という)、分子の安定性が増すことが明らかになりました。そればかりか、脂溶性だったレスベラトロールが 水溶性(水に溶ける性質)になることもわかったのです。分子の安定性が増すと、胃で壊れたり分解したりすることがなく、 体内にそのまま吸収されるようになります。しかも、水溶性のため、体内への吸収率が飛躍的にアップし、 体の隅々まで到達し、全身の細胞の働きを活発にする効果が期待できるのです。 ちなみに、新型ブドウエキスには、レスベラトロールのほかにも、豊富なポリフェノールが含まれています。 これらのポリフェノールも配糖体になることによって、構造が安定して吸収されやすくなると考えられています。 このため、新型ブドウエキスを摂れば、レスベラトロールをはじめとしたさまざまなポリフェノールが体内で働き、 若返りや健康維持といった、多くの効果が期待できるのです。


■ブドウエキス関連項目

「サーチュイン長寿たんぱく)」
「サーチュイン(長寿たんぱく)」は、生物の体内で作られらるたんぱく質の一種で、 最近の遺伝子研究によって不老長寿の妙薬となりうることがわかり、大きな話題を集めています。

「レスベラトロール」
「レスベラトロール」は、活性酸素を消す効力が大きいことが知られています。 活性酸素を消すことによって、血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化を改善します。 また、血液中の血小板が集まるのを抑えて、血栓ができるのも防ぎます。 そうした働きから、レスベラトロールは、心臓病や脳卒中の予防・改善に有効と考えられています。 さらにレスベラトロールには、優れた抗癌作用があることもわかってきました。