プエラリア

プエラリア』は、タイ北部やミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物で、 赤いグワオーデン、黒いグワオーダム、白いグアオークルアの3種類が有ります。 塊根に含まれる成分はショ糖 (砂糖)・食物繊維が大部分だが、 女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれており、含有量は大豆のほぼ40倍にも達する。


■プエラリア

『プエラリア』は、プエラリン、ダイジン、ゲニスチン(英語版)、 ダイゼイン、ゲニステインといったフラボノイドを含有します。 エストロゲンを活性化する誘導体はゲニステイン、ダイゼインに大別できますが、プエラリア・ミリフィカは、 より活性の強い類縁体・ミロエストロールやデオキシミロエステロールが含まれ、更年期障害の軽減や、 ホルモン置換療法、他にも女性の美肌作用などに効果が期待できるとされています。 プエラリアの成分はその根に薬効成分を蓄積するわけではなく、ある一定の時期だけ成分が増えるという特徴を持ちます。 よって、年数が古いものには特に価値があるわけではなく、また大きさなども成分に関しては影響はありません。 ただし、薬効成分が活発化するのは、3年以上の樹齢が必要で、タイ国立農業大学(カセサート大学)では、 研究用プエラリアの採取は3年のものを主に利用しています。


また女性が注目するのは、1960年イギリスの学術雑誌『Nature』において“プエラリア・ミリフィカには「プエラリン」 という美乳効果をもつ成分(大豆イソフラボンにはほとんどない)が多く含まれる”との趣旨が発表されたことも、 大きな理由の1つと思われます。一般には“白”の多くが「ガウクルア」とも表記され、サプリメントとして市販されています。 ただし、プエラリアが含むミロエストロール(強力なエストロゲン活性をもつ成分)等は、 その効果の強さから、当然に副作用をも考慮する必要があります。 サプリメントとして濃縮されたものについては、過剰摂取に注意が必要です。 しかし、濃縮されていないプエラリアを食べる場合には、現地でも古来から食べている食品なので問題はないとされます。 なお日本においては特定保健用食品に含まれる植物性エストロゲン摂取量の上限を大豆イソフラボンアグリコン換算値として「30mg/日」と定めています。